居酒屋などで刺身の盛り合わせを頼んだり、スーパーでパックのお刺身を購入すると、飾りとして黄色い菊の花が添えられていることがあります。

ほとんどの人はただの飾りだと思い、食べることはなく残してしまうのではないでしょうか。

TASAKI - 田崎 !k18 マベパール ペリドット ペンダントトップ 4.56g M879

パーティを彩るご馳走や SONY DSC-RX100M3 RX Cyber−Shot SONY - コンパクトデジタルカメラ

Pt850 サファイア ダイヤモンド リング 13号[g983-25]食用菊には黄色だけではなく、紫色の小菊もあります。

Apple - iPhone 11 pro 256GB green グリーン

茎やヘタの部分を食べると苦みを感じるため、花びらのみを食べます。

菊の花びらが浮いた醤油にお刺身をつけて、お刺身に花びらを乗せて一緒に食べます。こうすると、菊の花の豊かな香りが醤油へと移り、刺身を食べた時に花びらのシャキシャキした食感が良いアクセントとなり楽しめます。

Hermes - エルメス シェーヌダンクル PM ブレスレット シルバー 【430】

また、お刺身を食べた後のお口直しにも役立ちます。

脂が多く乗ったお刺身は美味しいですが、食べている途中で少々くどく感じる時があります。

その場合でも、食用菊と一緒に食べることでさっぱりとた味わいになるため、味を変える意味でも食用菊を一緒に食べることはおすすめです。

スポンサードリンク

刺身に添えられている菊の花にはどんな効果があるの?

昔から中国では、延命長寿の漢方薬として菊の花を食べる習慣がありました。

日本に菊が伝わってからも、お祝いの席で菊花酒を飲むなど、食用として菊を食べる文化は続いています。

食用菊は、お刺身の彩りを良くしたり味を変える意味がありますが、食中毒を防ぐ効果も高いです。

昔のように冷蔵技術がなかった時代は、刺身を食べた時の食中毒対策として一緒に食べたといわれています。

菊の花には毒物を分解するグルタチオンと呼ばれる、酵素を増やす成分が含まれています。菊の花は殺菌作用が強いだけではなく、目の疲れを和らげたり血圧を下げる効果などもあります。

パーティを彩るご馳走や SONY DSC-RX100M3 RX Cyber−Shot SONY - コンパクトデジタルカメラ

お刺身に菊が添えられているのには、刺身を口に入れた瞬間の食感の変化を楽しんだり、食中毒を防止するなど、きちんとした理由がありました。

セイコー ダイヤ 0.15ct Pt900 プラチナ リング 指輪 11号


パーティを彩るご馳走や SONY DSC-RX100M3 RX Cyber−Shot SONY - コンパクトデジタルカメラ